FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗(ミス)の捉え方

【失敗(ミス)の捉え方】

失敗とは一体何でしょうか?

失敗については色々な考えがあると思います。

今回、自分が実践している考えをシェアします。



失敗は決して個人の能力に比例せず、興味レベルに比例する
 
失敗することはその人の能力によるところではなく、興味の有り無しレベルに準じ発生するという考え方です。

興味を持っていることは失敗しにくいが興味が無いことに対してはその度合いに応じ失敗の確率が上がります。

失敗したときは「私はこのことへの興味が少ないんだな~」と考えます。

決して自分の能力とは関係ないのです。



失敗ではなく一つの結果である

 
上手くいったこと・いかないこと全ては単に一つの結果です。

成功・失敗ではなく、一つの結果なんです。

上手くいかない結果だったら、上手くいくように再度、チャレンジすればよいだけの話しです。



失敗は成功の証であるという考え
 
失敗なき成功はない、失敗が成功をつくるという言葉もありますが、まさに失敗が成功を生みます。

世の中に出回っている全てのものは失敗から生まれているという話しもあるぐらいです。

失敗することは成功する為の方法に一歩近づいたということです。

例えば、成功に向かう100本の道があります。

成功にたどり着くのはその内の1本だけで残りの99本は全て失敗に繋がっています。

失敗の道を行けば、その道は成功への道ではないと分かります。

それを繰り返す度に本数が減っていきどんどん成功への道に近づきます。

失敗するからこそ、成功する方法が分かるということです。

だから、何か失敗と感じたときは「お!これで成功へと一歩近づいたな~」と考えます。


上記3つが失敗に対して、自分が実践している考え方です。

これらは、自己イメージを下げない考え方です。

失敗という言葉の響きは一般的に負のイメージを持っています。

そのイメージを抱くと自己イメージを下げてしまい、自己を制限してしまう可能性があります。

自己イメージを下げない、前向きな姿勢を持つ為にも、是非、この捉え方を取り入れてみてはいかがでしょうか?





テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
プロフィール

HARADA KENJI

Author:HARADA KENJI
(私の紹介)
社会人時代より書籍やオーティオ、CD、DVDなどより世の中で成功している又は使えると考える人生哲学、人生バイブル、心理学、コミュニケーションスキル、パーソナルスキル、ヒューマンスキルなどの自己啓発と呼ばれる分野を独学で勉強し続けています。それらの内容を中心にブログを書いています。カテゴリ-を「ヒューマンスキル」「コミュニケーションスキル」「ビジネススキル」の3つに分けています。このブログにて私という人間を知ってもらえたらと考えています♪

<生年月日>
1976年生まれ

<血液型>
A型

<出身地>
鹿児島県

<性格>
前向きで明るいです。
元気だけが取り柄です。

<肩書き>
K&M CLUB 代表
セミナー講師&
コーチングトレーナー
CHANGEセミナー&CHANGE WORK 
を主催・運営

★フェースブック(FB)もやっています。
 こちらも友達申請お待ちしています♪

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。