FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情をどう扱うべきか?/その2

【感情をどう扱うべきか?/その2】

前回、「感情をどう扱うべきか?/その1」で負の感情に対し、頭の中で繰り返される言葉を阻止しましょうとお伝えしました。

見てない方は こちらで確認

今回は「認識の再構築(リフレーミング)」についてお伝えします。

これも負の感情を抑える為のテクニックとなります。

認識の再構築とは、その負の感情を抱かせるイメージ(経験)自体の意味を変えるということです。

その経験自体を変えることは出来ませんが、その経験の意味は変えることが出来ます。

今、さらっと言いましたが、これはとても重要なことです。

だからもう一度、強調してお伝えします・・・その経験自体を変えることは出来ないが、その経験の意味は変えることが出来るです。

そもそも経験自体は何の意味も持ちません。

その経験にあなたがどう意味付けするかで良い・悪いが決まります。

だから、負の感情を喚起しているイメージ(経験)の意味あいを変えていくことで、そこから受け取る感情も変えていくことが出来ます。

良い意味になればなるほど、良い感情へと変わっていくのです。

まさに比例の関係ですね。

ですから、負の感情を抱いたときには、その元となる経験に良い意味を見出すことが重要です。

まさにこれが「認識の再構築(リフレーミング)」ということです。

では、どうやれば良いのか?ということですが、ポイントは「無理やりにでも良い意味を探す」です。

負の感情を抱いている時点で、その経験に良い意味などを見出してはいないはずです。

だからこそ、無理やり見つけるのです。

そんなの見つかりっこないでは駄目です。

どんな些細なことでもいいので、良い意味を見つけます。

というか、見つかるまで考えます。

このテクニックで負の感情を弱めていきましょう。

次回、最後のテクニック「感情を否定しない」についてお伝えします。




コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
プロフィール

HARADA KENJI

Author:HARADA KENJI
(私の紹介)
社会人時代より書籍やオーティオ、CD、DVDなどより世の中で成功している又は使えると考える人生哲学、人生バイブル、心理学、コミュニケーションスキル、パーソナルスキル、ヒューマンスキルなどの自己啓発と呼ばれる分野を独学で勉強し続けています。それらの内容を中心にブログを書いています。カテゴリ-を「ヒューマンスキル」「コミュニケーションスキル」「ビジネススキル」の3つに分けています。このブログにて私という人間を知ってもらえたらと考えています♪

<生年月日>
1976年生まれ

<血液型>
A型

<出身地>
鹿児島県

<性格>
前向きで明るいです。
元気だけが取り柄です。

<肩書き>
K&M CLUB 代表
セミナー講師&
コーチングトレーナー
CHANGEセミナー&CHANGE WORK 
を主催・運営

★フェースブック(FB)もやっています。
 こちらも友達申請お待ちしています♪

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。