FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話す時に相手の目を見やすくする方法

【話す時に相手の目を見やすくする方法】

今回もコミュニケーション能力向上の為の一つの考え方をお伝えします。

今回は補足的な内容です。

始めに、前回の話しを簡単にまとめます。

(コミュニケーション能力向上の為に)

⇒(人の話しを聞く)

⇒(但し、聞き方が重要/聞く姿勢が存在する)

⇒(相手の目を見ながら話しを聞く/1つのテクニック)

という内容でした。

実際に経験されている方もいるとは思いますが、意外に人の目を見ることは難しい場合があります。

例えば、上司や目上の方、苦手な人に対しては、なかなか、目を見ることが難しくありませんか?

これは、目を見ることで緊張してしまうからです。

そこで、相手の目をみやすくする一つのテクニックを紹介します。

私自身も使っているテクニックで、セミナーでも紹介しているものです。

やることは至って簡単です。

人の目を生体の一部として考える方法です。

人の目は身体の一部であり、指や足や腕や背中と同じ、単なる身体の一部だと考えるというものです。

人と話す時に相手の指を見ながらだと、あまり緊張しませんよね?

目も指も生体の一部で同じものだと考えるというものです。

具体的には、人と話しをするときに、「目が少し大きいな」「まつ毛の数が多いな」「二重だな」「瞳孔の色は少し茶色いな」などと、生体の一部だという意識を働かせることで、目を見ることの緊張が緩和されます。

この方法でも効果はありますが、もう一つ、とっておきの方法があります。

それは・・・まばたきの回数を数える・・・というものです。

相手の目を見ながら、話しをする時に「1、2、3、4、5・・・・」とまばたきの数をカウントします。

すると、意識が自然と生体の一部という認識になり、目を見ることの緊張が緩和されます。

あまり、相手の目を見て、話しをすることが出来ないという方は、是非、一度試してみて下さい。

次回は聞く姿勢の次のテクニックについてお伝えします。





コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
プロフィール

HARADA KENJI

Author:HARADA KENJI
(私の紹介)
社会人時代より書籍やオーティオ、CD、DVDなどより世の中で成功している又は使えると考える人生哲学、人生バイブル、心理学、コミュニケーションスキル、パーソナルスキル、ヒューマンスキルなどの自己啓発と呼ばれる分野を独学で勉強し続けています。それらの内容を中心にブログを書いています。カテゴリ-を「ヒューマンスキル」「コミュニケーションスキル」「ビジネススキル」の3つに分けています。このブログにて私という人間を知ってもらえたらと考えています♪

<生年月日>
1976年生まれ

<血液型>
A型

<出身地>
鹿児島県

<性格>
前向きで明るいです。
元気だけが取り柄です。

<肩書き>
K&M CLUB 代表
セミナー講師&
コーチングトレーナー
CHANGEセミナー&CHANGE WORK 
を主催・運営

★フェースブック(FB)もやっています。
 こちらも友達申請お待ちしています♪

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。