FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動を起こす方法/その1

【行動を起こす方法/その1】

前回、行動することは、自分自身へのアピールにもなる(自分を変える)ということをお伝えしました。

しかし、なかなか行動出来ないという人もいるかもしれません。

そこで、今回は行動を起こしやすくする方法をお伝えします。

行動出来る人間になる方法は色々ありますが、今回はすぐに実践出来る簡単なものをお伝えします。

そもそも、行動出来ない一つの理由として、行動した結果に自信が持てず、恐怖を感じ、怖くて行動しない(何もしない)ということが考えられます。

だからこそ、行動した結果が上手くいくという前提を設けてみることが重要になります。

上手くいかない結果を前提としている状態では、何も出来ない(行動しない)のです。

出来るはずの行動が何かあるはずなのに、それすらもやりません。

やらないと言いますか、やり方が全く考えつきません。

だから、上手くいった結果を前提に今どうすべきかを考える必要があります。

そうすることで、上手くいかない結果よりも上手くいく結果に焦点を合わせることになり、行動を起こそうという気持ちが湧いてきます。

具体的には、「もし、出来るとしたら、今はどう考えるだろう?今は何をしているだろう?」と自分に言い聞かせてみます。

例えば、無理難題な仕事をお願いされた時に、「いやいや・・・そんなの無理でしょ」「出来るわけないし」と自分に言い聞かせた場合は、出来ない結果が見えているので、あなたは何も考えないし、行動しないでしょう。

そうした瞬間に思考は停止し、それ以上のことを考えません・・・そして、行動しません。

どんな状況であっても、「もし、出来るとしたら、今はどう考えるだろう?どう行動するだろう?」と自分に投げかけることにより、今なにをすべきかが見えてきます。

すると、行動しようという気になります。

実はこの方法は、自分だけでなく、人に対しても有効な方法です。

仕事でも何でも、人にお願いする時に、「いや、それは無理です」「それは出来ない」という人が周りにいませんか?

そんな人に対して、「じゃあ、もし、出来るとしたら、どうする?」と質問することで、その人のマインドを変えることが出来ます。

出来たことを前提に考えさせることにより、今できる行動を見つけることが出来るようになり、恐怖から解放され、行動を起こすようになります。

もちろん、行動しない要因は他にもあり、この方法だけで、常に行動を起こす人間に生まれ変われるわけではありません。

ただ、結果への恐怖も行動しない1つの要因でありますので、この方法は知っておいて損はありません。

自分自身だけでなく、周りの人を動かすテクニックでもありますので、是非、試してみて下さい。





コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
プロフィール

HARADA KENJI

Author:HARADA KENJI
(私の紹介)
社会人時代より書籍やオーティオ、CD、DVDなどより世の中で成功している又は使えると考える人生哲学、人生バイブル、心理学、コミュニケーションスキル、パーソナルスキル、ヒューマンスキルなどの自己啓発と呼ばれる分野を独学で勉強し続けています。それらの内容を中心にブログを書いています。カテゴリ-を「ヒューマンスキル」「コミュニケーションスキル」「ビジネススキル」の3つに分けています。このブログにて私という人間を知ってもらえたらと考えています♪

<生年月日>
1976年生まれ

<血液型>
A型

<出身地>
鹿児島県

<性格>
前向きで明るいです。
元気だけが取り柄です。

<肩書き>
K&M CLUB 代表
セミナー講師&
コーチングトレーナー
CHANGEセミナー&CHANGE WORK 
を主催・運営

★フェースブック(FB)もやっています。
 こちらも友達申請お待ちしています♪

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。